掲示板(N5月)

掲示板(N5月)

藤
百八つーといえば、まず(煩悩の数)を連想されるのではないでしょうか。

そうですね、除夜の鐘でこの百八つの煩悩を、浄化していくというイメージ

が強いでしょうか。この、百八の数の根拠なんですが、諸説あるようです。

一般的には、人の持つ六つの感覚(六根)眼・耳・舌・鼻・身・意識・から

感じる三つの状態、好・悪・平、更に浄・染、これらに過去・現在・未来

が加わったものを、それぞれ掛け合わせたもの、6×3×2×3=108。

となるわけです。で、これが煩悩の数と一般的に知られているところだと

思いますが、外にも様々な説があるようです。また、今回掲示してあります

ように、四苦(生・老・病・死)、八苦とはこの四苦に(愛別離苦・怨憎

会苦・求不得苦・五陰盛苦)を加えたもの、を掛け合わせたもので、四九と

八九で足せば、百八に確かになります。こちらの方はあまり言われてはない

ようなのですが、私などは昔はこのように思っておりました。

いずれにしましても「煩悩の根源」は人間の持つ六根に関わるものであり

ここから更に分離、識別され説明されていきます。その計が百八となるのは

何らか意味があるのでしょうか。まぁ、それほど「多くの」との意味合いも

大きいようですが・・・私など、八万四千(はちまんしせん)でも、まだ足

りないような気もしますが・・。

                         南無阿弥陀仏

お坊さん2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional