掲示板10月

掲示板10月

ナムアミダブツ

10月に入りましても、今年は未だ暖かい日が続いております。なかなか、

秋風に吹かれながら・・というわけにはいきません。それでも境内にありま

す二本の柿の木は次第に色づき、毎年冬には花を咲かすサザンカは、小さな

芽を出し始めました。確実に季節は変わろうとしているのですねぇ~。

先日、父親と一緒に、かねてよりの知人の、満中陰法要から納骨法要を勤め

さしていただきました。父も私もよく存知あげ敬愛していました方だけに、

感慨もまたひとしおでした。厳粛なる趣の内、満中陰法要を終え、墓苑への

移動をしかけようとすると、傍らのイスに座っていた長身の人物が私に声を

かけてきました。えっ、と思いながらもその人物の顔を見ると、何十年もの

付き合いのある友人そのひとでした。ここ数年はお互いの仕事の都合もあり

会えないでいた友人でした。読経中も傍らから私の顔を見ながら、似てるな

と思いながらも、私本人とは一致しなかったようでした。まぁ、彼にしてみ

れば、初めて見る法衣姿の私は別人に思えたのでしょう。しかし・・ありが

たいことでした。


さて、今月のお寺の法語なのですが、歎異抄の第七条に由来する部分です。

本文は、「念仏者は無礙の一道なり。」で始まり、「天神・地祇も敬伏し、

魔界・外道も障礙することなし。」と説かれている箇所ですが。

天神(てんじん)とは天上の神々の意味で梵天(ぼんてん)帝釈天(たいし

ぁくてん)など仏教を守護するとされる神々ならず、インドの神々一般をも

指すとのことです。地祇(ちぎ)とは、土地の神、国土の神のこと。

「魔界(まかい)・外道(げどう)も障礙することなし。」は今回は省略さ

れておりますが、そもそも「魔」とは心身を悩ませて善事をさまたげ、煩悩

によって菩提を妨げるものであり、自己の身心から生ずる「内魔」と外から

加わる「外魔」として説かれております。また「外道」とは仏教以外の教説

思想、またはそれを信奉する者をいいます。

この「天神・地祇」が敬伏するとは、「念仏者」が無礙の一道だからであり

ます。念仏者が何ものにも妨げられることのない「道」であるからです。

「魔界・外道」も障礙することがない、とは「念仏」は仏力をたのむが由に

もともと「魔障」もなく、他力を説くことのない「外道」の教えを超えたも

のである、ことを告げておられます。「よるひるつねにまもるなり」は宗祖

の現世利益和讃で繰り返し嘆じられている言葉です。「念仏の人」・・・は

「守られている」・・大いなる感慨以外のなにものでもありません。

                       南無阿弥陀仏 

立位南無 薄みどり (566x800)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional